読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太田直樹のブログ - 日々是好日

テクノロジーが社会を変える

昔はAIについて心配してたよね〜という未来の分かれ目

ある知識人の対談*1で、ソーシャルメディアについて論じている。近年、ソーシャルメディアによって「コミュニケーションの自動機械化」が進んだ。スタンプや「いいね」を使ってコミュニケーションをしている人間にはもはや意識はない。われわれは「大衆はやっぱり駄目だった、というおどろくべき現実に直面している」らしい。

そうだろうなあ、と思うところはある。AIがコミュニケーションに使われると、もっと自動機械化は進む。ただ、この対談が「昔は良かった」という文脈で「俺たちは大衆とは違うぜ。わかる奴だけついて来い」という方向に進んでいったのが、少し残念だ。

 

先日、いちどじっくり話を聞きたいと思っていた林千晶さん*2を訪ねて、渋谷のFabCafeに行った。3Dプリンターやレーザーカッターが気軽に使えるカフェで、上の階にはラボやコワーキングスペースもある。

後で送ってもらった記事に、最近よく一緒になることが多い野村恭彦さんが、FabCafeでやったシナリオプランニング *3があって、ちょっとすごいなあ、と思った。

 

シナリオのひとつの作り方として、対立軸を二つ組み合わせるというのがある。これは大変パワフルなやり方*4なので、ぜひ試してみてほしい。FabCafeのセッションで現れた最初の軸は「我々は、コンピューターの最善の判断に、順応するか、反乱するか」ということ。

コミュニケーションだけでなく、キャリア選択や結婚、日々の意思決定などが、これから自動化・最適化されるけれど、それにどう向き合うか。冒頭の知識人の対談など、意見の対立はあるだろう。ただ、この軸だけだと、あんまりワクワクしない。

これにもう一つの軸「我々の価値基準が、(相変わらず)お金に偏るのか、それとも(定義はいろいろあるけれど)幸せに向かうのか」というのを掛け算して、2x2で4つのシナリオを作ると、とても面白い。詳しくは、ぜひ記事を読んでいただきたい。

f:id:kozatori7:20170519115557j:plain

「順応x幸せ」のシナリオは、ドラえもんかなあ。「反乱xお金」は、マッドマックス。実は最近、Netflixでサイコパスをまとめて観たのだけれど、この未来は「順応xお金」だろう。

 

シナリオプランニングの大事なことは、シナリオを想定することによって、「いま」の意思決定や行動を変えていけること。技術の社会実装について、「幸せ」について考えることはとても大事だ。さて、どんなアクションが「いま」起こせるだろうか。それは、どんな連鎖反応を生むのだろうか。 

今年は、各地域で「官民データ活用推進基本法」*5に基づいて、データやAIを使って、僕らが生活し、働く町の未来をどう描くのかという議論がなされるけれど、日本全国で同じシナリオではなくて、いろいろあっていいんじゃないかな。

*1:https://newspicks.com/news/2200991/body/ 【宮台真司×東浩紀】ソーシャルが私たちから奪ったもの

*2: http://www.loftwork.jp/people/staff/chiaki_hayashi.aspx テクノロジーの話を、やわらかく、元気に話す人なので、会っていて本当に楽しい。

*3: https://www.opencu.com/2016/05/scenario-planning-report/ この記事はおすすめします。野村さんのセッションは、リズム感があって、タッタか進んでいると、違う風景が広がっている。そんな感じです。

*4: 社会変革のシナリオ・プランニング――対立を乗り越え、ともに難題を解決する | アダム カヘン, 小田 理一郎, 東出 顕子 |本 | 通販 | Amazon 南アフリカの民族対立、コロンビアの内戦などのタフな状況で、対話の力と変容型シナリオプランニングで未来をつくったアダム・カヘンによる実践的なテキスト。

*5: 2000年のIT基本法、2014年のサイバーセキュリティ基本法に続いて、2016年にICTによる国の形について定めた法律。デジタルファーストなどが謳われている。

「食うに困るアーティスト」という表現を、過去の風変わりな比喩表現にできないか?

”クリエイター”なる人たちと中学生による「横瀬クリエイティビティー・クラス」に週末参加した。言い出しっぺは、映像クリエイターで、ストーリーのある独特の作品を創る田村さん*1。彼自身も含めて海外でアワードを取るウェブデザイナーやアートディレクター、ローカルメディアの編集者、ミュージシャンなどが、中学生とチームを組んで、町の課題を見つけ、クリエイションによって、気づきや行動を起こしていく。

f:id:kozatori7:20170423232911j:plain

田村さんや彼の仕事仲間とは何度か飲んだりしているが、2日目の「制作活動」でスイッチの入った姿を見て、驚いた。課題発見のフィールドワークから、制作活動まで張り付いていた中学生達の目がキラキラしている。今回、高校2年の息子を連れていったのだけれど、ものすごい刺激を受けたようだ。「また横瀬に行く」と帰りに叫んでいた*2

 f:id:kozatori7:20170423234222j:image

デジタル技術やドローンを駆使する彼らは、さしずめ「現代の魔法使い」だ。中学生の視点から見ると、駆使する技術だけでなく、風貌や言葉遣いも、周りにいる「普通の」大人達とちょっと違う。あるつぶやき。自分も絵が好きなんだけど、今まで「キョリ」を感じていた。親に「それで食べていけるの」と聞かれると、答えられないし。 

大手企業に勤めている町の出身者から、「機会の格差」「多様性の格差」を聞いた。中学校までは横瀬町。それから普通高校に行って、大学は経済学部。大手企業に入って、サラリーマンで都心暮らし。町と関わりを持ちたいけれど、何が出来るのか。そう言えば、音楽が好きだったんだけど。普通の一本道しか自分には見えていなかったかも。脇道があったなら。

そういった課題を、チーム毎に深掘りして、クリエイションにつなげていく。魅力的なアイデア、というかプロトタイプがいくつも出てきた。 

クリエイターの視点から、彼らにとってのモチベーションは何だろうか、と思う。田村さんは「流通革命」を言う。表現をしたい人と、それを求める人や参加する人との繋がり方。間に代理店が入ると、意図が曲がると言う。

 

話は少し逸れるけど、元GoogleのデザイナーのTristan Harrisが「意図の経済の破産」を言っている*3。広告という仕組みが、情報の作り手と求める人の間に入ることで、如何様にでも意図が操作できると。だから、文化もデザインもビジネスモデルも変革すべきだと。

そう言った中から、Patreonのようなクリエイターやアーティストとユーザーを直接つなげるプラットフォームも出てきている*4。サイトの最初にはこう書かれている。

Finally, ”starving” and “artist” no longer need to be joined at the hip.

イカしている。MITメディアラボの伊藤穰一さんが、AIが普通になったときの未来についてはなしていた言葉*5と通じる世界観だ。こういった世界が実現してほしいと思うし、その発端の一つが横瀬町ではダメという理由は何もない。

*1:最近の作品。http://wheelchair-dance.com/m/

*2:横瀬町は「ここさけ」の聖地でもある。http://www.kokosake.jp ちょうど、実写版のエキストラを募集していた。

*3:https://journal.thriveglobal.com/how-technology-hijacks-peoples-minds-from-a-magician-and-google-s-design-ethicist-56d62ef5edf3

*4:https://blog.patreon.com/top-earners-2016/ こういうのが広がるといいなあ

*5:http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/06/mit-ai.php すごく共感する記事

「目の独裁」から自らを解放する

週明けに我が家で9度目の引越しがあるのだけれど、情けないことに腰を痛めてしまって役に立たない。娘が目の前で、大学の履修科目の登録をしている。「グレートジャーニー」で知られる文化人類学の関野良晴さん*1の講義を受けるらしい。

うらやましい。そう思いながら、友人*2に勧められた真木悠介さんの『気流の鳴る音』を読む。40年前の本だけれど、この先、僕らにとってとても大事なことを示唆してくれている。

第1部は、カスタネダ(人類学者)とドン・ファン(老インディアン)の、人間の生き方をめぐる問答と、著者の思考が交差して進んでいく。

その中で「明晰は知者の敵」という話がある。おや?と思うが、少し考えてみる。自分の持っている特定の説明体系が盲信につながる、とある。そうか。それにしても、この「明晰の罠」は、この本が書かれた当時よりも、ソーシャルメディアによって、より巧妙に張り巡らされているのではないか。

ドン・ファンは、「目の独裁」があるという。
”まずなによりも目から重荷をいくらかとりのぞいてやらねばいかん。”
”わしらは生まれたときから物事を判断するのに目を使ってきた。わしらが他人や自分に話すのも主として見えるものについてだ。戦士はそれを知っとるから世界を聴くのさ。世界の音に聴きいるんだ。”

 

ダイヤログ・イン・ザ・ダーク*3というワークショップがある。完全な暗闇の中で1時間ほど過ごすのだが、数年前に訪れたとき、ハンドベルの音を聞いていて、とても豊かな色彩を感じたことがある。ここに来ると、自分がどれだけ豊かな感覚を失っているのかが、人それぞれの形でリアルに感じるだろう。 

著者は、仏教で五根を眼・耳・鼻・舌・身の順に並べるのは、意味があると言う。「身」による認識は文字通り「身をもって」せねばならない。場合によってはリスクがある。その分、深いと。一方、視覚は主体自身の身を賭することを最小限にして対象をこまかに知覚することができる。我々はそれを発達させ、すっかり依存するようになった。

でも実は、身体は多くのことを知っている。深い知恵につながっている。この半年の間、何度かのワークショップ*4でそのことを体感した。

f:id:kozatori7:20170409145639j:plain

ドン・ファンはカスタネダに、からだは多くのことを知っているけれども、学んで欲しいのは<見る>ことだという。カスタネダは、「見ないで聴くこと」「焦点をあわせないで見ること」「影を見ること」などを通じて<見る>ことを体感していく。

 

話は変わるけれど、ある場で人工知能の研究者の松尾豊さんが「AIの進化を端的に言えば、見ることができるようになったこと」と話していた。我々の生活や仕事は、見ることを中心に成り立っている。AIが見る力を得たことで、自動運転や医療など活用領域が大きく広がった。AIが仕事を奪うのでは、という議論の背景はここにある。

ドン・ファンは<見る(see)>と<ながめる(look)>は異なる、と言う。AIが得つつある力は後者なんだろう。そうだとすると、これからは真に<見る>ことを学んで、豊かに生きるチャンスがあると考えられないだろうか。そうできなければ、僕らは不安な闇の中でおろおろするしかない。

*1:https://www.1101.com/greatjourney/2013-03-27.html 関野さんと糸井さんの対談。

*2:http://www.homes-vi.com/teal/ 場とつながりラボ home's viの嘉村賢州さん。ファシリテーションが主な仕事だけれど、引き出しが広くて、しかも深い。昨年から、未来の組織(Teal Organization)についての勉強会をやっている。

*3:http://www.dialoginthedark.com 最近は予約が取りにくくなったが、ぜひ体験してみて欲しい。

*4:http://jrc.jalan.net/cocre/lab/interview_oda/ 写真は、コクリ!プロジェクトという、マルチステークホルダーが集まり、信頼できる場を通じて、大きなシステム変容を起こしていく取り組み。

デジタル革命に「べき乗則」は働くか?

「皆さんは、金子勇*1のことを忘れたんですか。日本は変わっていないじゃないですか。僕はビクビクしながら事業をやってますよ。」

総務省の有識者会議で、メディアでは強気の発言で知られるスタートアップの経営者が、強い語気でこう言った。2015年の秋。IoT・AI・ビッグデータについての政策検討が始まったころ。「もっと前向きに考えないと」と別の有識者。暫く激しい議論が続いた。

「もういい。課題はある。俺もよく分かっている*2。このことにきちんと向き合って検討を進めよう。」座長の村井(純)さんが議論を引き取った。

 

前回紹介した坂村(健)さんの本は「今からもう20年以上前ー私がデザインし創っていたTRONというコンピュータの基本ソフトが米USTRにより不公正貿易取引の対象として取り上げられたというニュースが聞こえてきた。」という文で始まる。

今の仕事で、インターネットとIoTの泰斗が「技術と社会」という問題に真剣に向き合う姿を間近に見ている。そして、お二人の目指す方向は一致している。

「やってみる。場所は選ばない。そして、うまくいくまでやる。」ということ。

頭のいい人は「どこか梃子(レバレッジ)の効くところはないか」「どうやってスケールアウトするか」を考えるだろう。しかし、そうではないと思う。何故か?

理屈っぽく言えば、僕は、デジタル革命にも「べき乗則」が働くのではないかと考えているからだ。

 

べき乗則で有名なものは、地震だ。地震の大きさが2倍になると、発生頻度は4分の1になる。そして、べき乗則は予測できない。

イギリスの物理学者が82の戦争について調べたところ、死者の数が2倍になると頻度が4分の1になっていることがわかった。つまり戦争を始める際に、それがどの程度の規模になるかはまったく読めないということだ*3。(だから、戦争は地震と同じく、コントロールできない...)

レバレッジやスケールアウトを「予め」計画できるのは「正規分布」の考えだが、社会で正規分布はむしろ特殊ではないか。

 

デジタル革命に「べき乗則」が働くとすれば、何が大事か。物理学では「臨界状態」にあることだと言う。社会で言えば、どうなるのか。参加する人が増え、自由に動けることだろう。そこで、IoT政策に話を戻すと、「人材育成」と「規制改革」が柱となっている。

これは、冒頭のある起業家の発言ではないが、きれいにトップダウンでできるものではない。それはよく分かった。

さらに言えば、この「自由に動ける」というのが、簡単なようで奥が深い。最近、世界を代表する物理学者の大栗さんと仏教学者の佐々木さんの対談*4を読んでいて、そう思った。また脱線してしまったが、これもどこかで取り上げたい。

 

 

*1:当時世界を驚かせたP2PのソフトWinnyを開発した天才プログラマー。しかし、Winnyは社会的な問題となった。金子さんは、2013年7月に急逝。享年42歳。

*2:http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130707/489582/?rt=nocnt 村井さんの金子さんへの追悼の言葉。

*3: 詳しくは『歴史は「べき乗則」で動く』マーク・ブキャナン、早川書房、2009年。ちなみに所得もべき乗則が働いている。つまり、どの人がどれくらい稼ぐかは予測できないということ。それでも努力や鍛錬は必要だと思う反面、「こうすれば成功する」という話には個人的には全く興味はない。

*4:『真理の探究 仏教と宇宙物理の対話』佐々木閑 大栗博司、幻冬社、2016年

CIVIC TECH FORUMに参加して

CIVIC TECH FORUMに参加し、冒頭で話をさせていただいた。なんだか明るい気分になったので、8年ぶり*1にブログを再開してみた。

 

最初に「着眼大局着手小局」でありたい、と言った。

その心は、これから20年ほどで、暮らし方や働き方、ひいては社会が大きく変わる。大きな流れは見ておいた方がいいけれども、将来を予想しようとして情報を集めたり、そうしながらあれこれ心配したり、あーだこーだ議論しているよりは、「いま」に集中して行動したいよね。その方が楽しくないですか。そういうことだ。

さらに言えば、テクノロジーの進化のお陰で、小さなチームで大きな流れを作ることができる。今年、ドイツで開かれた国際ICT見本市のCeBITは、日本がパートナー国で、100社以上が参加したが、ソラコムやCerevoといったスタートアップが存在感を示していた。

ただし、テクノロジーの社会実装には、合理性や合法性を超えたところに壁がある。CIVIC TECH FORUMの会場では、ある政令指定都市におけるデジタルサイネージの実証実験の写真を見せた。画像認識技術を使って、サイネージを見た人数・年齢・性別のデータをとっているのだけれど、「何に使われるのか不安」という声で、カメラが作動する3メートルのところに線が引かれ、その両端に「中に入ると撮影される」と書かれた看板が設置されている。これでは、事実上「立ち入り禁止」で、サイネージの利用は全くされていない。

 

トロンの開発者である坂村教授が、こんなことを書いている*2。技術の社会実装は多くの変数が入った方程式を解くことだと。科学は、技術、産業、社会へと実装されていくが、科学は正しいかどうか、技術は役に立つかどうか、産業は儲かるかどうか、社会になると、政治や市民のレベルで感情が入ると。このように変数が増えていく。これが現実。

さらに考えなくてはいけないのは、今日、そういった「感情」がソーシャルメディアで増幅されること。また、トラウマになっている事案もある*3。これらについては、またどこかで書いてみたい。

そうした中、僕が面白いと思う「着手小局」は、都市単位の取組みだ。国内外でいろいろあるけれど、一つ挙げるとすれば会津若松市。人口12万人で、東京から決して近いとは言えないけれど、「日本の1000分の1スケールの実証実験フィールド」という旗印を立て、市と大学*4、企業、住民が連携し、データを蓄積・分析して、エネルギー、観光、行政サービス、医療といった領域で成果を出しつつある。

特筆すべきは、100人単位で雇用が生まれつつあること。しかも給料は極めて高い。地方創生といえば、補助金でいろいろやっていても、つまるところ工場誘致と公共工事しかなかった。この2つ以外にやり様があることが、証明されつつある。

 

マッキンゼーが昨年だしたレポート*5によれば、国よりも都市の方が、技術の社会実装で早く動ける、しかも、市民や企業に近いので、より良いサービスを提供できる。さらに、そうした市長が国境を越えて連携しつつある。また、米国のNIC(国家情報会議)が大統領選ごとに出す長期シナリオ分析*6でも、国の役割が縮小し、都市とNGOが協力して課題に取り組むシナリオを描いている。

なんだか話は大きくなってしまったけれど、「着手小局」が大きなシステム変容を起こしていく。そんな兆しがあちらこちらにある。本当なの?どうしたらそうなるの?そういった質問が浮かんでくると思う。このことについても、またどこかで書いてみたい。

 

*1:昔のブログを読み返して、30代の無茶苦茶な生活ぶりに冷汗

*2:『不完全な時代ー科学と感情の間で』角川書店、2011年

*3:2013年にJRがSuicaの匿名加工情報を第三者に提供したことと、2014年に総務省の実証で大阪駅地下街で画像データを使ったこと

*4:会津大学というICTに特化した大学がある

*5:The power of collective action: Forging a global role for mayors、2016年6月

*6:Global Trends. 最新版は2017年1月に発表されている。タイトルはParadox of Progressという、いま起こっている分断について興味深い分析を行なっている

今年もやります@神戸大学MBA

1月から神戸大学MBAで「グローバル戦略」と銘打って講座をやらせていただく。

昨年は、全4回の講座を4名のパートナーが得意ネタを持ち寄って構成したが、(あたりまえだが)どうも寄席とは違って、「(講義と評価に)一貫性がない」ということで、なかなか厳しい評価をいただいた。
http://blog.goo.ne.jp/kozatori7/e/3ab1ddb032c2395c112e2efc87998fd8

今年は、巻き返しのために、BCGの新進気鋭のマネジャー林さんとタッグを組んで、私が4回全てをやらせていただく。この週末に第1回と第2回の課題を出したが、受講生の方には真剣に取り組んでもらいたい。こちらも全力でやるつもりだ。

「グローバル戦略」は手垢のついた言葉だが、昨今、それは悩ましく、どこから捉えていいか分からない、ともすると出口に辿り着くか分からないテーマとなっている。

この講座では、平板なスキルではなく、高度1万メートル(市場、先進市場の動き)と高度1メートル(顧客の生の声、現場のオペレーション)を乱高下しながら、グローバル戦略への「一人称の課題意識と視座」を持っていただきたいと思っている。

結果、世に言われている「グローバル化」と関係のないところで勝負するのもよし、「グローバル化」なるものを避けつつうまくやるのもよし、がっつりぶつかるのもよし。「なんとなくグローバル化」ではなく、しっかりした自分なりの考えをもつ一助になればと思う。

Green Consumer

ある新聞の新年の企画の取材を受けた。お題は2020年の消費社会。私はBCGが最近行った「Green Consumer」という切り口から、消費行動がどう変わるかについて話をした。

そもそも何を「グリーン商品」と捉えるのだろうか。商品カテゴリーで言えば、一般消費財、家庭用品、生鮮食品、家電製品、健康商品などが上位に来る。下位には、旅行、金融商品、ゲームといったものがくる。グリーン商品の特徴として挙げられるのは、リサイクルに配慮している、製造工程が環境にやさしいなどだ。欧米日中の計7カ国で実施した調査によれば、定期的にグリーン商品を買っている消費者は、実に50%になる。

日本のGreen Consumerの特徴は、ひとことで言えば「自分勝手&依存型」だ。まず、定期的にグリーン商品を買う比率が欧米はもちろん、中国に比べても低い(ちなみに中国は沿岸部だけではなく内陸都市も調査している)。そして対象商品にプレミアム価格を支払うのも特徴だ。また、これら日本の消費者は、自分の消費行動を変える、例えば消費を少し我慢するとか、生活を変えるのはいやだけれど、企業には環境に配慮した活動を求める。欧米や中国の消費者が、企業にも責任があるが、自分も行動を変えるという意識が高いのとは対照的だ。さらに、グリーン商品かどうかは主にマスメディアの情報に頼り、グリーン商品を標榜する「ラベル」を鵜呑みにする傾向がある。

これらを極端にデフォルメすると、たまに少し高いお金を出して、それが本当に「グリーン商品」かどうかは自分で判断せずTV広告を鵜呑みにし、商品を購入して満足するが、普段の消費行動は変えない、ということになる。ちょっと頭が痛い話だが、自分を振り返ってみても、意識を変えないと、と思った次第。日本の教育が悪い、と言いたいところだが、きっと家庭に大きな問題があるのだろう。

一方、日本企業が考えなくていけないのは、日本の市場でグリーン商品で成功しても、それが海外で通用するとは限らないということだ。また、脅威なのは、グリーン消費者の台頭が著しい中国からも画期的な商品が生まれる可能性があるということだ。昨年末に中国のBYDが出した、世界初のプラグインハイブリッド車(何と2万2千ドル!)がよい例だろう。自動車業界で、グリーン企業として世界でトップを走っているのはトヨタだが、その地位も脅かされるかもしれない。

と、ここまで調査データを元に考えてみたが、心情的には、貯金もせずにひたすら消費に走ってきた米国の消費者より、ある意味「民度が低い」と、自分も含めて言われているようで、なんだか納得がいかない。グリーン消費者は、これから世界の大きな潮流になるだろうが、その流れを大きく捉えて、ぜひ日本企業にもその舞台で活躍してもらいたい。