読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々是好日

テクノロジーが社会を変える

今年もやります@神戸大学MBA

1月から神戸大学MBAで「グローバル戦略」と銘打って講座をやらせていただく。

昨年は、全4回の講座を4名のパートナーが得意ネタを持ち寄って構成したが、(あたりまえだが)どうも寄席とは違って、「(講義と評価に)一貫性がない」ということで、なかなか厳しい評価をいただいた。
http://blog.goo.ne.jp/kozatori7/e/3ab1ddb032c2395c112e2efc87998fd8

今年は、巻き返しのために、BCGの新進気鋭のマネジャー林さんとタッグを組んで、私が4回全てをやらせていただく。この週末に第1回と第2回の課題を出したが、受講生の方には真剣に取り組んでもらいたい。こちらも全力でやるつもりだ。

「グローバル戦略」は手垢のついた言葉だが、昨今、それは悩ましく、どこから捉えていいか分からない、ともすると出口に辿り着くか分からないテーマとなっている。

この講座では、平板なスキルではなく、高度1万メートル(市場、先進市場の動き)と高度1メートル(顧客の生の声、現場のオペレーション)を乱高下しながら、グローバル戦略への「一人称の課題意識と視座」を持っていただきたいと思っている。

結果、世に言われている「グローバル化」と関係のないところで勝負するのもよし、「グローバル化」なるものを避けつつうまくやるのもよし、がっつりぶつかるのもよし。「なんとなくグローバル化」ではなく、しっかりした自分なりの考えをもつ一助になればと思う。