読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々是好日

テクノロジーが社会を変える

学び続ける人々

六本木ヒルズのライブラリーで講演させていただいた。お題は昨年翻訳した「かすかな兆候を見逃すな」。かなり抽象的なテーマでこのような機会をつくっていただいたファーストプレスの上坂氏に感謝申し上げる。また、活発な議論に参加していただいた200名近くの参加者の方々にもお礼を申し上げたい。

講演の出来はと言えば、60点くらいか。まだこなれていないし、ほとんど寝ていない状態で臨んだというのは言い訳にしかならないが、まあ、人前で話をするのは何度やっても難しい。

結局2時間近く喋り倒して、終わってから六本木ライブラリーの仕掛け人である小林さんと雑談させていただいた。小林さんが元マッキンゼーコンサルタントだったとは知らなかった。このファームはいろんなところに人材を出している。

小林さんから伺って興味深かったのは「学び続ける人々」。このライブラリーは24時間営業しているのだが、早朝から深夜まで、様々な人が勉強し、ネットワーキングをしている。会員は3000人を超えたとのこと。そのほとんどが社会人だが、何がこの人達を勉強に駆り立てるのか。とても興味深い場だと思った。

腕自慢の知識人、論客と学び続ける人々の知的格闘リングに、また機会があればあがってみたい。

ありがとうございました。