読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々是好日

テクノロジーが社会を変える

満足の週末@麺矢龍王


小学1年の息子はとにかく食べることが生きがいで、とくに「ご飯」に力点を置いているためか、ラーメンに対してさめたところがあり誠に残念です。息子よ、ラーメン&ライスという人類の至宝とでも言うべき、永遠の定番メニューがあるではないか。

ということで、キャッチボールの前の腹ごしらえということで、大森北の商店街にある麺矢龍王にチャリで出掛けました。ここはラーメン喰いには有名な六本木の天鳳で永らく勤めた方が独立して出した店だそうです。

135(麺固め油濃く味濃く)というのがオススメだそうですが、それは昔食べたので、息子には醤油ラーメンの普通と半チャーハンと餃子、わたしは味噌ラーメンを頼みました。息子の方が量が多いのですが、我が家では特に驚くことではありません。

味噌ラーメンは、醤油ラーメンより優しい味でなかなかイケました。醤油ラーメンは、豚骨醤油なのですが、息子の食べっぷりを見ているとなかなか気に入ったようです。味見に少しもらったのですが、ペロリとたいらげてしまいました。あまりこってり系が好きではないわたしには、「135」より「普通」の方が、心に余裕ができて、丁寧にとったスープの良さがよく味わえるような気がします。しかし、西山製麺の麺は、こういうスープだと抜群に合うなあ・・・と小さな感動。

息子が食べている間、じーっとその様子を見ていた店長さんが印象的でした。子供は正直ですからね。しばらく見ていて、食べっぷりに満足したのか、うんうんと軽くうなずいていました。

このお店は、厨房がとてもきれいに掃除されており、そこからも仕事へのこだわりが見てとれます。先日は、「品達」で痛い思いをしただけに、この週末は無事にラーメンを食べれてほっとしています。

午後はキャッチボールをして、平和な週末でした。