読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々是好日

テクノロジーが社会を変える

大阪の匂い

新大阪駅地下に、中華料理店「蓬莱」がもしなかったら、 わたしの生活は随分と暗いものになっていたと思います。 そう、あの「なんば551のHORAI」です。 大阪での仕事を終え、列車の時間まで15分あったので 店まで急ぎ、買い求めたのがこの「コンビ弁当」。 …

納得の寿司@NY

今週はBCGのパートナー会議でNYにいます。BCGというのは500名強のパートナーが共同で所有、運営していて、まあ経営会議兼株主総会みたいなものですね。60以上あるオフィスからわらわらとパートナーが集まってきて、喧々諤々いろんな議論をするわけです。NYは…

しずむ寿司@はしぐち

今日もまた終電の新幹線で帰宅(@東京)。晩飯は駅近く、ひとりカウンターで寿司をつまむ。ふと気がつくと、何と3週間も寿司を食べていないではないか・・・。みっちり予定表に詰まった仕事に加えて、熱やら痔やら虫歯やら、艱難辛苦の日々であったとはいえ…

(いまさら)酒をたしなむということを考える@飯倉のいつものバー

酒をたしなむ、というのはどういうことかなあ、 と自宅に帰る前に立ち寄ったいつものバーでふと考えていました。 家系から考えても、実績(?)から考えても わたしはそれほど飲める口ではありません。 でも、ついふらふらと、今日もバーのカウンターに座っ…

町に一軒いい中華料理店があるといい@蘭蘭酒家

新宿で用がありすっかり遅くなってしまったので、初台にある蘭蘭酒家に行ってきました。初台商店街の中の路地裏にひっそりとあるごくふつうの店構えの四川料理の店です。 まず最初に前菜代わりにいただいた野菜のあっさりした炒め物。しゃきしゃきした青野菜…

イノダコーヒ@京都

所用があって妻と2人で京都に出かけました。大阪で生まれ奈良で育った私ですが、大学からずっと東京なので京都はほとんど知りません。京都の人が「イノダのコーヒーを飲まないと1日が始まらない」というイノダを今回初めて訪ねました。ちなみに、イノダコー…

房総で去り行く夏を惜しみながら寿司をつまむ

夏休み最後の週末ということで子供を連れて房総の海にでかけました(いつものように運転はずーっと妻ですが)。房総といえば私のお目当ては鴨川の笹元です。ここはもう10年以上通っていますが、地場でとれた新鮮なネタのよさに加えて、「焼き寿司(焼き魚が…

浜名湖でうなぎ

今日は経営リーダー育成道場のISLで朝9時から昼過ぎまで、30代向けコースで戦略のセッションをやりました。午後はBCGの大先輩の三枝さんの講義があるので、前座として戦略についての基本的ですが実戦を意識した頭の使い方をやりました。 3時に三枝さんと選…

食いだおれ@バンコク

この週末はバンコクにいます。出張できたついでに週末滞在することにしたのです。実はこのブログで何度か登場している「食の師匠」は3年前からバンコクに居を移しています。彼は5年ほど前に事業を興し、これからはアジアで事業が伸びるというので拠点を移…

品格のあるヒレカツ@双葉

権太楼目当てに上野広小路の鈴本へ。その前に腹ごしらえをと久し振りに双葉に足を運びました。とんかつ御三家と呼ばれる双葉とは別の、弟さんがやっているヒレカツ専門店です。メニューはヒレカツ定食とエビフライ定食のみ。ここは昔、食の師匠に連れてこら…

天丼で気合を入れて

今週は月曜から飛ばしています。まさに「寝食をなくして」仕事をしていて、火曜の昼にやっと落ち着いていただいたのは、赤坂の「天茂」のかき揚げ丼。ここは、12時から1時半は混んでいるので、1時半過ぎに行ったのですが、何と立って待っている人が・・・。 …

紀尾井町はしぐち 秋のネタ

週末は韓国なので、紀尾井町のはしぐちで秋のネタを堪能してきました。今日の目当ては、マグロです。 まずは、ヅケと中トロから。 今年は大間のマグロが凄くいいということです 週末は大間で「マグロ祭り」なるものも開かれるとのこと。 ヒカリモノに移り、…

上海蟹

中国飯店や富麗華の姉妹店の潮夢来(チョンムライ)に行ってきました。お目当ては、上海蟹です。汐留という場所柄、富麗華で使っているのと同じ蟹を、2割安くいただくことができます。テーブルの横で、見事な手さばきで、蟹の身を取り出してくれるサービス…

さらば東京一の天丼

急遽アトランタに出張することになりました。向こうでは、食べ物にはあまり期待できそうにないので、市谷で仕事があったのを幸い、少し足を伸ばして、白山に向かいました。目当ては、東京一の天丼と、私の食の師匠のお墨付きでもある、天安です。 なんと、天…

房総の寿司

パリ出張から帰って、その足で(つまり空港から)房総まで寿司を食べにいきました。お目当ては鴨川の笹元です。年に1、2回しか行かないのですが、もう10年以上通っています。 楽しみにしているのが、地場の新鮮なネタと創作的な寿司。 私が目がないヒカリ…

煮イカにしみじみ

紀尾井町はしぐちに、ぶらりと行きました。空いてて良かった。 いつもながら、見事な握りです。ほれぼれしました。素人目にも形がよいのです。「地紙」と呼ばれる扇形ですね。 今日の収穫は、煮イカでした。これまでもいただいていたのですが、 スルメイカが…

週末の天丼

小田原の「だるま」で、週末に天丼を食べました。 以前、「満足の天丼」http://blog.goo.ne.jp/kozatori7/e/f520c9a71a61574f8f85c39b20528611で書きましたが、東京から少し足を伸ばして、箱根や伊豆へ行く途中、お昼をかきこむのにおすすめです。 建物は国…

満足の天丼

東京の食べ物はどれもファーストフードだ 私の食の師匠は、随分前にこう言っていました。 寿司、蕎麦、カツ丼、天丼。確かに、東京でおいしいものは、さっと食べられるものが多い。 あるいは、そうすることが、東京の「粋」なのかもしれません。 その中でも…

握りの真髄 − 紀尾井町はしぐち

シンコの季節です。今週やっとありつけました。 寿司を本格的に食べだしたのは、社会人になってからです。以前勤めていた会社の近くでふらっと入った店のコハダに感動したのが始まりでした。 ご主人は当時で齢70を越える職人でしたが、後で昭和の食通である…