太田直樹のブログ - 日々是好日

テクノロジーが社会を変える

リーダーシップ

日本から世界を変える@STYLE 4th

ETICの井上さんに誘われて社会起業家のビジネスプランコンペ「STYLE 4th」のファイナルに行ってきました。 ファイナリストの中には10月のメンターセッションでお話しした柴田さんもいて、どれだけプランが進化しているのかを楽しみに、100名以上の参加者で熱…

『扇子商法』−船場商人の経営理念と生き方

最後の「船場商人」と言われた和田哲夫氏について書かれた本です。著者は大阪船場を代表する繊維商社「和田哲」3代目の和田亮介氏。この本は先日お会いした4代目の野村社長からいただきました。文章の調子がよく、週末に一気に読み終えました。 経営コンサ…

欧米型社会起業家と「一隅を照らす」こと

NYで活躍する写真家、渡邊奈々さんが18人の社会起業家の写真を撮り、話を聞いて作った本です。写真家の眼でとてもいきいきとした描写で書かれており、わたしたちの社会が変わるかもしれない、という希望を感じさせます。ただ、ちょっと待てよ、と思うところ…

佐治敬三に乾杯

サントリー佐治敬三氏の評伝です。ウィスキーを飲みながら、週末夢中になって読みました。まず思ったのは、自分の基軸を持つことは大事やなあということ。敬三の数々の偉業はその結果であって、本書でも語られているようにたくさんの失敗もやらかしているの…

赤坂会−東北から世界を変える

日経新聞の交遊抄などに「○○会」なるものが紹介されます。私の世代で、かつ社交が苦手とくるとこの手のものには縁がないと思っていたのですが、5年ほど前から「赤坂会」なるものに年に何度か顔を出しています。昭和20年代生まれの方が中心にそうそうたる面…

ISLの新たな展開

日本を代表する(と自負する)リーダーシップ教育機関ISLが千代田区の紀尾井町に教室を構えました。私が働くガーデンコートとつながった紀尾井町ビルディングの5階です。9月の正式オープンの前に関係者の内覧と今後の運営についてのブレストがあり、今日行…

ワーキングプアー問題への意識を高める

日曜の夜の憂鬱さは相変わらずです・・・。今夜はぼんやり「NHKスペシャル」を観ていました。特集は「ワーキングプアー」。働いても暮らしが良くならない、年収200万以下の人々についてのドキュメンタリーです。 いまさらながら認識を新たにしたのは、その数…

ISL卒業式での問題提起

今日、九段で会場を借りてISL第五期生の卒業式とこれまでの卒業生および関係者を集めた総会が行われました。先週土曜日のゼミチャンピオン6名の社長就任演説セッションを勝ち抜いた大手コンビニチェーンの若手リーダーが200名にのぼる参加者の前で演説を行…

ISL−感動の最終セッション

今日、経営リーダー育成道場ISLの最終セッションがありました。10ヶ月のプログラムなのですが、最終節では6つのゼミに別れてそれぞれの企業の「社長就任演説」を練っていきます。最終セッションでは各ゼミ選抜のチャンピオンがアークヒルズの37階会場で演説…

清宮流リーダーシップを読み込む

NHK番組を観て興味をもった元早稲田ラグビー部監督の清宮さんの著作を早速読みました。「究極の勝利」と「最強のコーチング」の2冊です。 アマゾンのサイト http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062132710/qid=1149312735/sr=1-2/ref=sr_1_2_2/250-8…

若き名監督の哲学

勝つことにこだわるスポーツの世界は、厳しい環境で戦う企業の経営に通じるものがたくさんあります。NHKの「トップランナー」に登場した若き名監督、清宮さんのリーダー論、組織論、ビジョンはとても興味深いものがありました。 ちなみに、清宮さんは、低迷…

世界の飢餓撲滅のために:ウォーク・ザ・ワールド

以前お知らせしたWFP(World Food Program)のウォークラリーに行ってきました。去年と同様、家族4人で参加したのですが、今年は参加者が増えて、大いに盛り上がりました。(去年は、いつの間にか周りに一緒に歩く人もまばらになり、少々寂しい思いをしたの…

チャリティー・ウォークへの参加のお願い

WFP(ワールド・フード・プログラム)という国連の機関があります。世紀が代わっても一向に減らない飢餓に立ち向かっている団体です。 飢餓って言っても実感がわきませんよね。私もそうです。昨年12月にバングラディシュで目の当たりに見ましたが、今、どれ…

成長への原動力

韓国に来ています。今回は、ソウルから車で東へ3時間ほどいったリゾート地。「秋の童話」というドラマのロケ地として有名だそうです。そういえば、たくさん写真が貼ってありました。 ある韓国のハイテク企業のワークショップの進行役としてきました。社長以…

ソニーはどこへ向かうのか

書いてあることが全て真実かどうか分かりませんが(前書きにあるように、「人はみな自分に都合のよいように話すことがある。」)、ソニーという、恐らく世界でもっともよく知られている(日本の会社ではないと思っているひとさえいる)会社を考える際の、第…

ETICの井上さんに会いに行く

前からお会いしたいと思っていたETIC(Entrepreneurial Training for Innovative Communities)の井上さんに会いに行きました。日本の社会イノベーションにおけるキーマンの一人で、ISLのビジョンをブレストさせていただいたのですが、柔和な表情ながら、眼力…

着眼大局着手小局

今週はきっついです。月曜の夜から韓国。火曜の最終便で帰り、水曜は名古屋。その日の夜行でフランクフルトに行き、木曜の早朝に着くのですが、同日の夜行で東京に戻ります。うーん、自分の持てない石を持っているような・・・ 韓国では、ある企業のビジョン…

明治維新の青写真を描いた人物

バングラディシュから戻ってバタバタしていたのですが、以前から気になっていた横井小楠の本を読みました。帯に「坂本龍馬が師と敬い、勝海舟が恐れた鬼才」とあります。このブログでも「富国有徳」のコンセプトを唱えた人物として触れています。 過去ブログ…

しあわせのカタチ

それでも、バングラディシュの70%の人達は、「幸せですか」と聞かれると、「Yes」と答えるそうです。日本に帰って、あれこれ考える前に(今、ダッカからの帰りのトランジットで、シンガポールです)、これだけ、メモしようと思いました。

働きたくても働けない人、働けるのに働かない人

午後は、ダッカ市郊外のビスケット工場の見学に行きました。帰りに、WFPの玉村代表の案で、VGD(脆弱なグループの自立支援)プログラムに参加している女性の家庭を訪ねました。要は、午前中会った最貧困層の子供達の家庭を見るわけです。 VGDプログラムは、2…

スラム街の希望

午前中は、ダッカのスラム街に行きました。世界でも最貧困のレベルということです。そこにある、政府所有でNGOが運営している小学校が目的地です。約1500人の子供が就学しています。 ゴミの山を抜け、細い路地を行くと、3階建ての校舎が見えます。思いもか…

バングラディシュの夜

シンガポールまで7時間、そこからダッカへ4時間。バングラディシュにやっと着きました。いちどWFP(国連世界食糧計画)の現地でのオペレーションを見たいと思い、今回有給をとってフィールドトリップに参加しました。WFPからは、玉村代表や蟹江専務理事を…

遠い実感ーされど

来月、WFP(国連世界食糧計画)のミッションでバングラディシュに行きます。バングラディシュとパキスタンの歴史はおろか、位置関係すらあやふやな私です(汗)。WFPの方からもらった、「マラリヤへの予防策」などを眺めつつ、どうも実感が持てないでいます。…

富国有徳とは

川勝平太氏の『富国有徳論』(中公文庫)を読みました。ISLでの講演を聞き逃したので、とりあえず本だけでも、と思って買っておいたのですが、日曜の夜の憂鬱さを吹き飛ばす刺激がありました(毎週この手でいこうかな)。川勝氏の提言はこんな感じです。 新…

巨人ドラッカー逝く

NYからの帰りの飛行機でインターネットにつないでいるとドラッカー死去のニュースが飛び込んできました。しばらく感慨にふけった後、思いついてAmazonでドラッカーの『私の履歴書』を注文しました。日経での連載のとき、いくつか読んでいない回があったから…

『下流社会』<<『大崩壊』

出張でNYに来ています。いつも思うのですが、都市のど真ん中にこれだけの緑があるのは贅沢ですね。 時差ボケでぼんやりしながら、『下流社会』について考えているときに、ふと思い出したのが、米国の政治学者フランシス・フクヤマの『大崩壊の時代』です。こ…

進みだす!

社会リーダーを育成する機関であるISLのリーダーの野田さんと、また深夜まで新しいISLについて議論していました(最後はいつも通りバーでしたが)。 話はいきなり逸れますが、野田さんという人は、「えっ、こんな人ともつながっているの」という非常にネット…

ドラッカーが予見するニューソサエティ

ソーシャル・リーダーシップ(過去日記blog.goo.ne.jp/kozatori7/e/332f0c1e76f75a6f957f925efa3cfa7e)について、最近つらつら考えていて、ドラッカーの『イノベーターの条件』を読み返してみました。 まともな社会なくして、まともな人間はありえない こう…

ソーシャル・リーダー

今後のISLの方針について、代表理事の野田さんを中心に議論する場がありました。皆さん忙しいので、夜7時過ぎに始めて、終わったときは、なんと、深夜2時をまわっていました。 大きなコンセプトとして、 ソーシャル・リーダー という考え方を議論しました…

リーダーシップの旅

我社の幹部研修で、次世代リーダー育成のNPOであるISLの野田さんに、講演していもらいました。テーマはずばり「リーダシップについて」。 野田さんのリーダーシップ論の、ほんのさわりだけをご紹介すると、こんな感じです。 1.多くの経営者は、突然リーダ…